正しい紫外線対策

BBクリームと紫外線 紫外線は太陽から放射される電磁波です。これは光の一種で肉眼では見えないもので、 『紫外線A波』『紫外線B波』『紫外線C波』があり、紫外線Cはオゾン層に吸収されるため、地上には届きません。

私たちが浴びる紫外線は紫外線Aと紫外線Bです。
どちらの紫外線を浴びても日焼けしてしまいますが、肌に与えるダメージや、症状などに違いがあります。

まず私たちが浴びる紫外線のほとんどが紫外線A波です。 紫外線A波は長波が長く、エネルギーは弱いです。ですが窓ガラスなどを通して肌に到達するため、気づかないうちに日焼けをしてしまうことも。 さらに肌に浸透しやすく肌の真皮層まで到達し、繊維芽細胞に損傷を与えてしまいます。 結果、シワやたるみ、シミといった肌の老化現象を引き起こしてしまうのです。 日常生活で、「あっいつの間にか日焼けをしている…」と思ったときは紫外線A波に肌を痛められているかも…!

次に紫外線B波は波長が短いのですが、紫外線A波に比べると強いエネルギーを持っていて肌の表面で吸収されます。 おもに海などのレジャーや屋外での日焼けで浴びることがあるでしょう。 紫外線B波を浴びた肌は表皮に影響を受け、ヒリヒリと痛みがでたり、赤くなったりします。 紫外線Aのように、真皮層にまではほとんど到達しませんが、 これもまたシミ、そばかすの原因になるのです。 女性はもちろんケアしておきたいところですよね!

しかし紫外線を浴びないというのは無理なことで、日常生活やレジャーなどその時のシチュエーションに応じて、 うまく日焼け止めクリームを塗るなどのケアをすることが大切です。 よく日焼け止めクリームにSPFとPAと表示されていますよね。 SPF値が高いほど効果があると勘違いされている方が多いかと思いますが、 SPFは紫外線Bを防ぐものであり、肌の真皮層にまで到達し、肌老化の原因となる紫外線A波を防ぐのは“PA”です。

日常生活で浴びやすい紫外線A波を防ぐためには、PA値も重視したほうがいいです。 SPFとPAのそれぞれの違いを理解した上で、上手に日焼け止めクリームを使いましょう! 表示されているPAの防止効果の強さを表す、

『PA+』は紫外線Aの防止効果がある、
『PA++』は紫外線Aの防止効果がかなりある、
『PA+++』は紫外線Aの防止効果が非常にあるという意味です。

また紫外線B波の防止効果の強さを表すSPFは、SPF2~50+があります。 これは例えばSPF20のひ日焼け止めクリームを使ったとすると、塗っていない肌に比べて、 20倍多くの紫外線を浴びても大丈夫だということです。 20倍以上の紫外線をを浴びて、初めて炎症などが起きるということです。

このような知識を知った上で、正しい紫外線対策をし、肌の老化を防ぎましょう!

でも今の時期、最も効果の高い紫外線対策は、やっぱりBBクリームですね♪
お出かけの際にはお忘れなく・・・

【お悩み解消 即効ケア】

パーフェクトBBクリーム

パーフェクトBBクリームの効果 従来のBBクリームに比べて、さらに強力にスキンケアコスメつまり、しわが目立たなくしたい方、 乾燥肌から解放されたい方、厚化粧をしたくない方、紫外線からお肌を守りたい方、崩れにくい化粧をしたい方にオススメです!

シミやしわを目立たなくさせて、同時に紫外線までガードすることで、メラニンやラジカルまでアプローチができるのです。

なぜここまでできるのか? その理由がスペシャル成分のフラーレンを配合しているからです。 このフラーレンはお肌に有害なラジカルをスポンジのように吸収して、有害な記憶をどんどん消していきます。 フラーレンの威力は美容業界では最も注目されています。このフラーレンの特徴は、 ビタミンCの172倍の肌元気力と125倍で肌を保護する力、さらにシミそばかすの原因となるメラニンにしっかりアプローチし、 毛穴を引き締めて目立たなくしてくれます。

わずか30秒でベースメイク完了。忙しい朝に大助かりの時短メイクが簡単に実現します。

桜花媛BBクリーム

桜花媛BBクリームの効果 植物由来の保湿成分を配合したナチュラルBBクリームシリーズです。 この1本で、美容液、化粧下地、ファンデーション、UVカットの効果。 ナチュラルな肌を演出します。 日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎます。

1.肌に負担をかけない軽い仕上がり
1本で下地もUVカットも。いくつも塗り重ねなくていいので軽い仕上がりです。

2.日本製ならではのフィット感、カラー展開
桜花媛ナチュラルBBクリームは日本の工場で製造された日本製BBクリームです。 日本人の肌を研究して作られた日本製ならではの使い心地とカラー展開です。

3.ナチュラルなカバー力
気になる肌の色ムラや毛穴をナチュラルにカバーして透明感のある仕上がり。ふんわりキメ細かい肌を演出します。

4.スキンケア効果
保湿成分がメイクしているあいだも乾燥からお肌を守ります。

ページの先頭へ