タイプで選ぶメイク落とし

メイク落としにはたくさんの種類がありますよね。
種類はたくさんありますが共通して含まれるものがあります。それが界面活性剤です。この界面活性剤によって油分と水がなじみます。 界面活性剤というとあまりいいイメージはないと思いますが、メイクなどの油性を落とすためには必要不可欠な成分なのです。 しかし界面活性剤が肌へ負担をかけるのは事実です。 メイク落としの種類によって界面活性剤の量は違って来るのでその日のメイクの濃さに合わせてメイク落としを使い分けるようにしましょう。

まずはタイプ別のメイク落としの特徴を知ることです。

・ミルク
肌への負担は少ないけれど水分量が多いので、クレンジング効果は弱いです。

・クリーム
メーカーによってバラつきがあるので一概にはいえませんが、適度な油分を含むので肌へのやさしさと洗浄力のバランスがいいです。

・ジェル
リキッドに近いものは界面活性剤が多く含まれるので刺激が強いです。クリームのような乳白タイプの方が刺激は強くないのでおすすめです。

・オイル
メイクはもっともよく落ちますが、界面活性剤が強力なので肌への負担がかなり大きいです。特にメイクの濃い日だけに使うのがおすすめです。 このように比較的肌にやさしく負担が少ないのが洗い流すクリームタイプで、その次に乳化ジェルになります。逆にもっとも肌に負担がかかるものがシート状などの拭き取りタイプとオイルタイプになります。 メイクの濃さと肌へのダメージを考えて、メイク落としを使い分けるようにしましょう。メイクがよく落ちるからといって、いい商品というわけではありません。その分肌をいためるということを頭にいれておきましょう。

クレンジングケア

スキンケア

パーフェクトBBクリーム

パーフェクトBBクリームの効果 従来のBBクリームに比べて、さらに強力にスキンケアコスメつまり、しわが目立たなくしたい方、 乾燥肌から解放されたい方、厚化粧をしたくない方、紫外線からお肌を守りたい方、崩れにくい化粧をしたい方にオススメです!

シミやしわを目立たなくさせて、同時に紫外線までガードすることで、メラニンやラジカルまでアプローチができるのです。

なぜここまでできるのか? その理由がスペシャル成分のフラーレンを配合しているからです。 このフラーレンはお肌に有害なラジカルをスポンジのように吸収して、有害な記憶をどんどん消していきます。 フラーレンの威力は美容業界では最も注目されています。このフラーレンの特徴は、 ビタミンCの172倍の肌元気力と125倍で肌を保護する力、さらにシミそばかすの原因となるメラニンにしっかりアプローチし、 毛穴を引き締めて目立たなくしてくれます。

わずか30秒でベースメイク完了。忙しい朝に大助かりの時短メイクが簡単に実現します。

桜花媛BBクリーム

桜花媛BBクリームの効果 植物由来の保湿成分を配合したナチュラルBBクリームシリーズです。 この1本で、美容液、化粧下地、ファンデーション、UVカットの効果。 ナチュラルな肌を演出します。 日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎます。

1.肌に負担をかけない軽い仕上がり
1本で下地もUVカットも。いくつも塗り重ねなくていいので軽い仕上がりです。

2.日本製ならではのフィット感、カラー展開
桜花媛ナチュラルBBクリームは日本の工場で製造された日本製BBクリームです。 日本人の肌を研究して作られた日本製ならではの使い心地とカラー展開です。

3.ナチュラルなカバー力
気になる肌の色ムラや毛穴をナチュラルにカバーして透明感のある仕上がり。ふんわりキメ細かい肌を演出します。

4.スキンケア効果
保湿成分がメイクしているあいだも乾燥からお肌を守ります。

ページの先頭へ