正しい洗顔料選び

洗顔料にはたくさんの種類があります。

メイク落としと同じように洗顔料には固形石鹸やパウダー、ジェル、リキッド、フォームなどたくさんの種類があります。また最近は美白や保湿などの成分が加えられているものなども出ていますよね。しかし洗顔料の目的は肌の汚れをしっかり落とすことです。美白や保湿成分などが入っていてもすすげば流れてしまうので、洗顔料にこれらの成分が入っていても正直あまり意味がないのです。しっかり落ちて肌にやさしい洗顔料としておすすめなのはシンプルな固形石鹸です。洗浄力にすぐれていて、肌に負担がかかりにくく余分なものも残しません。オイリー肌の人は浴用石鹸、皮脂が少なめのノーマル肌~ドライ肌の人は洗顔石鹸をおすすめします。肌にやさしいミルクやジェルタイプのものは洗浄力が弱いので注意しましょう。洗ったあとに少しつっぱるくらいがベストてす。また洗顔料ら肌によくなじませてこすりすぎないことが大切です。このときに重要なのが顔と指の間のクッションになってくれる「泡」です。ある程度しっかり泡を立てることが大切ですが何分もかけて必死に泡立てる必要はありません。手で泡立てれば十分ですが、泡立てネットなども多く市販されているので利用するのもいいかもしれません。簡単に泡立てることができますよ。そして最近よく目にする洗顔料のうたい文句と注意点をいくつか紹介します。

・「美白成分配合」
美白成分らはビタミンCなどの水溶性のものなのですすげば排水口に流れるだけです。ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分も同じことです。洗顔料に美白や保湿効果を期待しても意味はありません。

・「洗いあがりしっとり」
これは洗顔フォームに多いうたい文句です。しかししっとりするというのは油分が含まれている証拠です。それによって肌に油膜が残り、洗顔後のスキンケアに悪影響を及ぼしてしまいます。

・「肌と同じ弱酸性」
弱酸性=肌にやさしいと思ってしまいますよね。しかしこれはあくまでイメージです。洗顔料が弱酸性でも、中性の水道水で流した直後の肌は中性なので、弱酸性の洗顔料で洗ったからといっても意味はないのです。

・「植物性」
これもナチュラルで肌にやさしいイメージがありますが、天然のものは成分が複雑で不安定なのでアレルギーの原因になるおそれがあります。実際は天然の原料よりも合成成分の方が肌にやさしいのです。

クレンジングケア

スキンケア

パーフェクトBBクリーム

パーフェクトBBクリームの効果 従来のBBクリームに比べて、さらに強力にスキンケアコスメつまり、しわが目立たなくしたい方、 乾燥肌から解放されたい方、厚化粧をしたくない方、紫外線からお肌を守りたい方、崩れにくい化粧をしたい方にオススメです!

シミやしわを目立たなくさせて、同時に紫外線までガードすることで、メラニンやラジカルまでアプローチができるのです。

なぜここまでできるのか? その理由がスペシャル成分のフラーレンを配合しているからです。 このフラーレンはお肌に有害なラジカルをスポンジのように吸収して、有害な記憶をどんどん消していきます。 フラーレンの威力は美容業界では最も注目されています。このフラーレンの特徴は、 ビタミンCの172倍の肌元気力と125倍で肌を保護する力、さらにシミそばかすの原因となるメラニンにしっかりアプローチし、 毛穴を引き締めて目立たなくしてくれます。

わずか30秒でベースメイク完了。忙しい朝に大助かりの時短メイクが簡単に実現します。

桜花媛BBクリーム

桜花媛BBクリームの効果 植物由来の保湿成分を配合したナチュラルBBクリームシリーズです。 この1本で、美容液、化粧下地、ファンデーション、UVカットの効果。 ナチュラルな肌を演出します。 日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎます。

1.肌に負担をかけない軽い仕上がり
1本で下地もUVカットも。いくつも塗り重ねなくていいので軽い仕上がりです。

2.日本製ならではのフィット感、カラー展開
桜花媛ナチュラルBBクリームは日本の工場で製造された日本製BBクリームです。 日本人の肌を研究して作られた日本製ならではの使い心地とカラー展開です。

3.ナチュラルなカバー力
気になる肌の色ムラや毛穴をナチュラルにカバーして透明感のある仕上がり。ふんわりキメ細かい肌を演出します。

4.スキンケア効果
保湿成分がメイクしているあいだも乾燥からお肌を守ります。

ページの先頭へ