ハンスキン(HANSKIN)BBクリーム
ハンスキン社は、韓国にて初めてBBクリームを商品化し、現在韓国国内にてシェアの約60%を占めています。2007年のBBクリームの韓国国内の売上げ 1000億ウォン(約110億円)のうち、600億ウォン(約60億円)をハンスキン社製品が売上げ、BBクリーム元祖としての地位の確立がなされています。又ハンスキン社の韓国におけるブランドの知名度は非常に高く、ハンスキン社の直営店はミョンドンを始め韓国の主要都市に16店舗を構え、ブランドの構築に力を入れています。

BBとは、Blemish Balm(ブラミッシュ バーム)の略でBlemish「欠点・傷」を補うバームという意味です。BBクリームの韓国での販売は約2年前からで、それまで韓国の主流は厚化粧がメインでした。しかしハンスキン社が韓国女優の起用を行い“陶酔肌”を前面に打ち出し、薄化粧の美しさを強調した事から学生から火がつき始め(例えば高校生や、大学生が学校に行っても化粧をしていることが分からず肌がきれいにみえる上、紫外線からも肌が守られる)、今では韓国女性の大半がこのBBクリームを携帯するブームを作り上げました。

日本国内においては人気バラエティ番組で紹介した事で火がつき、現在ではインターネット検索数700万件を超える大ヒット商品となっています。

※残念ながら現在日本で流通しているBBクリームと言われる商品は韓国で、ほとんど知られていないメーカーが多いのが現状です。